経営難に陥るリスクを軽減するために、自社の状況を把握することが重要です

自社の状況把握

状況把握に努める経営者

資金繰りを良くして資金難に陥るリスクを軽減するには、経営者が自社の状況を常に把握しておくことが大切です。
黒字倒産するケースをはじめ、相応の事業規模と売上がある中で資金難に陥るケースの大半は、経営者が正しく状況を把握していないことに原因があります。

 

お金の流れと将来資金難になるリスクを把握して、早めの対策を講じるように心がけましょう。

 

最低でも月次データを把握

自社の状況を把握する最低ラインとして、月次の売上・支出・利益の数字は頭に入れておきましょう。

 

なんとなく「今月は好調」、「対前年比プラス」など、事業の好調・不調を判断するだけではなく毎月の支出と利益、利益率まで確認することが必須事項です。
月次データでもっとも重要なのは支出で、出ていくお金がどれだけあるか把握することで、資金繰りが悪くなるリスクを大幅に軽減できます。

 

日繰り表をつける

経営者が自社の財務状況をしっかり把握するおすすめの方法は、日繰り表をつけることです。
日繰り表とは、日にち単位で支出と収入の金額を記録するもので、実績だけではなく将来の予定まで管理するものです。

 

日繰り表をつけて収入と支払い、会社の現金残高を管理することで、気付かないうちに資金繰りが悪化する状況を回避できます。
昨今は計算式の入ったExcelファイルをネットから無料入手することが可能で、普段から使っている会計ソフトにも日繰り表の機能がついていることが多いです。

 

将来の入金・支払いは実際の金額とズレることもありますが、おおよその数字でいいので会社資産の推移や、将来必要な支払い額を把握するようにしてください。

 

現場のスタッフから話を聞く

現場スタッフからの報告

経営者が自社の財務状況を数字から判断すると、経費や値引きの削減でもっと利益を増やせるのではないかと思ってしまうものです。

 

経費削減に取り組んで資金繰りを改善させることは良いことですが、現場の声を無視して難題を押しつけるとサービス品質や従業員のモチベーションに悪影響が出ます。

 

経費削減をしたい場合は、現場のスタッフからしっかり話を聞くようにしてください。
コストカットする案を提案してどう思うか聞くだけではなく、待遇も含めて改善してほしい要望も聞くようにしましょう。

 

そして、従業員にとってプラスで会社側の負担が大きい要望が出た際に、この要望を叶えるために削れることがないか聞くと、本当に不要なことを聞き出せます。
全ては無理でも一部で従業の要望を叶えることを実行しつつ、無駄をなくして効率化する取り組みを行いましょう。

 

風通しとの関係

社内の風通しと資金繰りは無関係のように見えて密接な関係があります。
会社にとって不利益な報告があった際や、従業員にとって有利な要望を言われた際に、報告者へ向かって「お前のせいだ」、「そんなこと言えるだけ仕事をしているのか?」など一方的に否定すると、社員が言いたいことを言えない社風になってしまいます。

 

また、ネガティブな報告に対して責任追及や追い込むような言い方をすると、資金繰りが悪くなる事態が想定される中でも、上司や経営者にはギリギリまで報告されなくなるものです。
結果的に風通しの悪い会社の経営者は、実態よりもよく見せようとする中間管理職による偽りの報告でしか自社のことを把握できません。

 

厳しい指導や数字だけの判断で上手くいくこともありますが、将来のリスクを早期発見するためには、些細なことでも小まめな報告をもらえる風通しの良さが重要です。

TOPへ