資金難になったら、状況に応じて資金調達出来るよう事前準備をしましょう。

最適な方法を探す

資金難に陥ると常に付き合いがある金融機関へ相談する経営者が多いですが、資金調達を乗り切る際には状況に応じて最適な方法を選ぶことが大切です。
常に複数の選択肢を用意し、状況に応じて対処法を使い分けるようにしましょう。

 

今回の記事では、資金難になった時に最適な方法を選ぶポイントの解説をしています。
主に資金調達に関連した方法の比較になりますが、その他の方法も含めて資金難を乗り切る打開策で幅広い選択肢を紹介しています。

 

時間の猶予

時間に猶予がない女性
資金調達は方法によって入金までの所要時間と手間が異なります。
緊急事態で1日でも早く資金繰りを改善しないといけないシーンでは、銀行融資・公的融資など時間のかかる方法は選択肢から外さないといけません。

 

急ぐ場合は銀行融資よりコストが高くても、最短即日入金に対応しているビジネスローン(民間貸金業者)やファクタリングを活用しましょう。
資金調達コストだけではなく、スピーディーな資金調達によって維持できる信用や将来の仕事量を比較することが失敗しないポイントです。

 

必要額と借入期間

融資など一般的な資金調達法のコストは、借入額と返済期間によって変わります。
高額な資金調達をして長期返済する場合は、手間暇をかけてでも低金利な銀行・日本政策金融公庫などから借入するようにしましょう。
スピーディーな入金が必要な場合は、つなぎ融資が効果的です。

少額の借入もしくは短期返済できる場合は、金融機関によるコストや手数料の違いが微々たる金額になるので、コストだけではなく手間の少なさを重視しましょう。
特に経営者が現場に出ている場合の、時間を取られると機会損失の発生する状況では、コストが高くても時間を取られない方法がおすすめです。

 

次の一手に備える

次に備える経営者
事業経営では繰り返し資金調達が必要になることが多く、既存の借入残高が融資を受ける審査に大きな影響を与えます。
よくある活用事例では、少額の運転資金ショートは借入として処理されない借入、もしくは経営者の個人名義によるカードキャッシングで対処し、まとまった資金調達が必要になった際の銀行融資を受けやすくする方法があります。

 

また、大きな融資を受ける予定がなく、少額の融資を繰り返し利用するケースでは、2回目から手間なく利用できるカードローンを発行しておくと便利です。
その他、状況に併せて資金難の打開策を考えておく必要があります。
このように、直近の資金難だけではなく、その先を見据えて最適な方法を見極めるようにしましょう。

 

事前準備の重要性

資金難を乗り切る方法では銀行融資や公的融資が低コストです。
ただし、審査に時間を取られて事業計画書など作成が必要な書類提出を求められることがあります。
すぐに資金調達が必要な状況になってから検討を始めると、コストに優れた方法を選択できません。

 

悪徳業者
また、切羽詰まった状況では重要なことを見落とすリスクが高まり、悪質業者にひっかかる事例が多いです。
資金難の対処は困ってからリサーチするのではなく、事前に幅広い方法の調査とすぐに利用するための準備をしておきましょう。
時間と気持ちに余裕を持てれば、最適な方法を見極められる可能性が高まります。

TOPへ