ファクタリングという手法で資金調達を行う企業が増えています。

新手法「ファクタリング」

ファクタリングとはなにか考える女性
資金繰りの対処法は融資が定番でしたが、昨今はファクタリングという新手法が需要を高めています。
ファクタリングの仕組みとメリット・デメリットをまとめました。
銀行融資を利用できる中でファクタリングを選ぶ活用術や、悪徳業者も存在する業界の闇まで紹介しているので、ぜひ最後までご覧になってください。

 

ファクタリングとは

ファクタリングは売掛債権を買取してもらう資金調達法です。
請求書を発行して入金待ちの売掛債権をファクタリング業者へ買取してもらい、入金日に売掛先からファクタリング業者へ直接入金。
もしくは自社へ入金されたお金をファクタリング業者へ渡す流れになります。

 

簡単にまとめると、売掛金を前借りするようなお金の流れになり、ファクタリング業者は条件に応じて手数料を差し引いた金額で買取額を支払う仕組みです。

 

2社間と3社間

ファクタリングの種類は大きく分けて2社間と3社間があり、2社間ファクタリングは資金調達する事業者とファクタリング業者のみのやり取りで、売掛先に債権譲渡することを内緒にできます。
3社間は売掛先へ同意を取り、ファクタリング業者から債権譲渡の通知を行うもので、2社間ファクタリングよりも安い手数料で利用できます

 

ファクタリングの利用条件

ファクタリングは売掛債権を売却する資金調達法なので、売掛債権を持っていない場合は利用できません
なお、企業間取引の掛け払いのほか、クリニックや介護事業者が行う公的保険や、クレジットカード会社からの入金も売掛債権に含まれます。

 

ファクタリングの種類は2社間・3社間のほか、金融機関系・大企業系・中小規模の専門業者による3つの業者規模で対応が変わります。
金融機関系と大企業系は3社間ファクタリングを必須にしているケースが多く、ファクタリング利用業者の財務状況も審査対象になります。

 

中小規模の専門業者では、売掛先に知られずに利用できる2社間ファクタリングを扱い、申込事業者が赤字や税金滞納の条件であっても、売掛先の信頼性が高ければ利用できる所が多いです。

 

メリット・デメリット

ファクタリングのメリットとデメリット

ファクタリング最大のメリットは、売掛債権さえあれば確実かつスピーディーに資金調達できること。
デメリットは条件に応じて最大20%以上の高額な手数料を取られることです。

 

融資では対応できない時の最終手段として活用する方が多いですが、他にもファクタリングならではのメリットが多数あり、あえて融資よりもファクタリングを優先して活用する事例もあります。
意外に知られていないファクタリングのメリット・デメリットをまとめました。

 

メリット①税金対策と併用

融資は決算内容が審査対象になり、融資を受けるために決算の数字を良くしようとする経営者が多いです。
しかし、決算上の利益が大きいと税金が増えてしまいます。

 

ファクタリングは赤字決算でも利用できるので資金調達と税金対策を併用でき、手数料が高くてもトータルでお得だと判断して繰り返し利用する需要があります。

 

メリット②ノンリコース

売掛先が倒産して支払いが滞ってもファクタリング利用者に弁済義務がないノンリコース契約が主流です。
大企業が売掛先の未払いリスク予防で保証ファクタリングを活用する事例があり、売掛先の信頼性に不安がある場合や、1社でも未払いがあると更なる資金難に陥る状況に最適です。

 

メリット③スピード対応

ファクタリング専門業者は最短即日入金に対応しています。
実際には最初に問い合わせした翌営業日以降になることが多いですが、資金調達法の中ではスピード対応に優れています。

 

面倒な手続きがないので、経営者が現場に出ている中小企業でも時間を取られないと評判です。

 

メリット④オフバランス化

ファクタリングをすることでバランスシートが一時的にオフバランス化され、表面上の財務状況が良く見えるようになります。
銀行融資を受けられる状況でも、運転資金のショートをファクタリングで対処することで、まとまった事業投資が必要になった際の銀行融資が有利になります。

 

デメリット①手数料が高い

ファクタリングは融資ではなく債権買取になるので、利息制限法のように手数料の上限がありません。

 

翌月入金の売掛金に10%の手数料を取られた場合、年利換算すると単純計算で120%になり、基本的に融資よりも資金調達のコストが高くなります。

 

デメリット②出口が見えにくい

ファクタリングをすると本来の入金日に手元へ入るお金が極端に少なくなります。
一時的に資金繰りが改善されても、入金日に再び資金難になって繰り返しファクタリングを利用する状況になれば、長期的に利益を削り続けてしまいます

 

デメリット③悪徳業者の存在

事業者に対して厳しい審査と登録要件がある貸金業とは違い、ファクタリングは中小企業でも手軽に参入できる業界です。
一部で悪質業者が存在していて、法外な手数料や不法融資(闇金)などのトラブルになることがあるので注意しましょう。

 

ファクタリングの普及率が高まるにつれてネット上の情報が充実してきました。
ファクタリングを利用する際は業者の評判をしっかりリサーチし、信頼性の高さを重視して相談先を選ぶようにしてください。

TOPへ