資金難の状況に陥ってしまった場合の打開策をまとめて紹介します。

資金難の打開策

資金難の打開策を考える
資金難の状況に陥ってしまった場合の打開策は、融資で資金調達する方法が一般的です。

 

資金難の原因が経営難だった場合は、銀行からシビアな対応をされる恐れがありますが、日本政策金融公庫などの公的融資ならネガティブな理由の資金調達でも柔軟に対応してくれます。

 

しかし、こうした低コストの資金調達法は、手間と時間を取られる問題があります。
借金(借入)は極力回避したいと考えて、ギリギリの状況まで何もしないと、窮地を乗り切る手段が限られてしまうので注意しましょう。

 

当サイトでは、スピードを求められるシーンでの対処法をはじめ、資金難の打開策を幅広く紹介しています。

 

まずは状況を整理する

資金難に陥った時は、状況と経営者の考えを整理することから始めましょう。
融資などの借入で一時的に乗り切れば、再び盛り返せる可能性があるのか?
それとも市場全体の変化で、立て直し困難な状況なのかを見極めることが重要です。

 

経営者の方は、従業員を守るために身を削ってでも粘る必要があるのか?
また自身の報酬が低くても、経営者の立場にこだわりたいのか考えをまとめるようにしてください。
ビジネスは良い時もあれば悪い時もあり、創業時にはそれなりの初期費用がかかるものです。

負債を増やすなど状況を悪化させても、事業を存続させることで明るい未来を切り開ける可能性があります。

 

一方で、この先も赤字が続く可能性が大きいのであれば、銀行からの無担保融資を断られた時点などで早めに見切りつけることが大切です。
借金が膨らんでいくと最終的に廃業した時に失うものや、経営者個人への責任追及が大きくなってしまうことがあります。

資金難の打開策はたくさんありますが、考えを持たず闇雲に行動するのではなく、廃業という選択肢を持つ基準をしっかり線引きすることから始めてください。

 

資金難を乗り切る方法

資金難を乗り切る方法をまとめました。
それぞれのメリット・デメリットも紹介しているので、状況に応じて選択肢を絞り込んでください。

 

公的融資
メリット 低金利・低コストで長期分割が可能
デメリット 審査に時間がかかる、提出書類の作成に手間がかかる
適した条件 早い段階で行動に移せて、中長期的に盛り返せる算段がある

 

銀行融資
メリット 低金利・低コストでの資金調達が可能
デメリット 審査に時間がかかる、経営難の状況では審査に通りにくい
適した条件 審査に通る目処があり時間にも余裕がある

 

商工ローン(ビジネスローン)
メリット 銀行融資よりも審査に通りやすい、スピード融資に対応
デメリット 長期借入・高額借入が困難、金利が高い
適した条件 審査に通る状況で短期的な返済目処がある

 

不動産担保ローン
メリット 担保があれば赤字でも融資してくれる所がある
デメリット 支払いが滞ると差し押さえられる
適した条件 担保に入れる不動産があって確実に返済できる目処がある

 

経営者の個人資産で補充
メリット 会社の立場で見ればメリットしかない
デメリット 回収できなかった時に経営者の負担が大きい
適した条件 経営者が資金提供できる環境で、ビジネスを存続させたい想いが強い

 

資産売却
メリット 返済義務がないので立て直すのが容易
デメリット 資産を失う、難を乗り切った時に再調達すれば高コストになる
適した条件 売却しても支障の出にくい資産が多い

 

ファクタリング
メリット 売掛サイトの問題を解消、融資不可でも利用可能
デメリット 融資よりもコストが高くなりやすい
適した条件 売掛債権がありファクタリングなしの条件に戻れる見込みがある

 

事業譲渡
メリット 状況によっては赤字事業でも現金化できる
デメリット 経営権を失う
適した条件 自力で立て直せる自信がない、大手に買収されることでメリットがある状況

 

事業規模縮小
メリット 支出が減る、銀行融資に通りやすくなるケースがある
デメリット 資金難前の状況まで売上を戻せなくなる、成長性を失う
適した条件 事業規模縮小・コスト改善で利益が増える試算が出た場合

 

支払いを待ってもらう
メリット 取引先が応じてくれればコスト負担なしで資金繰りが改善する
デメリット 相談する時点で取引先からの信頼を失う可能性がある
適した条件 掛け払いをする取引先に対して強い立場にある場合など

 

増資・社債・個人融資など
メリット 都合の良い条件で資金調達できる
デメリット 資金提供をしてくれる人を見つけるのが困難、投資家とトラブルになりやすい
適した条件 募集する前から資金提供者の目処が立っている、投資需要の高いビジネス

 

幅広い選択肢から比較検討する

打開策を選択肢の中から比較検討する

紹介しているように資金難の打開策はたくさんの方法があります
「高金利のビジネスローンだけは絶対に使わない」、「いざとなれば身銭を切る覚悟がある」など、正しく比較せずに打開策の候補を絞り込んではいけません。
昨今でよく利用されているのはファクタリングです。手間の少なさと、スピーディーな対応で人気があります。

 

実行するかは別として、それぞれの方法でどのようなメリット・デメリットがあるか把握し、幅広い選択肢から状況に応じて比較検討するようにしてください。
手札が多いほど最適な方法を選択できるチャンスが広がるので、幅広い打開策を事前にシミュレーションしておくとよいでしょう。

TOPへ