経営に欠かせない資金繰りの手段、重要である理由について解説します。

経営においてもっとも重要なのは資金繰り

資金繰りのために計算をする

経営においてもっとも重要なのは資金繰りと言われています。
実際に黒字倒産する事例も多く見られ、優れたビジネスモデルと質の高いサービスを提供していても、資金繰りが悪ければビジネスは上手くいきません

 

事業には人件費・仕入れ費用・テナント料などのランニングコスト、外注費など出ていくお金が多数あるものです。
必要に応じてスピーディーな投資を行うことで、顧客からの信頼を獲得できるようになります。

 

なぜ経営において資金繰りの重要性が高いのか?
その理由と資金繰りに陥る要因・失敗事例、資金繰りの悪化を対処する方法などを幅広く解説いたします。

 

資金繰り悪化による影響

資金繰りが悪化して手元の現金が不足すると以下のデメリットが生じます。

  • 納期を守れないことによる信頼の欠如、クレームリスク
  • 給料支払いが滞ることによる従業員のモチベーション悪化
  • スタッフの質が落ちることでサービスの質も落ちる
  • 仕入れできないことで新規受注停止になる
  • 資産売却・不採算事業の清算など事業縮小を迫られる
  • 広告活動、求人募集などの投資ができない(集客力の低下)
  • 各種支払いが滞ることによる信用問題の発生(ブラック扱いになる)

 

このように、資金繰りが悪くなり一つでも問題が発生すると、そこから負の連鎖が始まって既存顧客からの満足度・新規集客の双方で問題が発生します。
資金繰りが悪い中で何も対策をしなければ、倒産に追い込まれる事態まで状況が悪化してしまいます。
そうならないためにも、状況に応じて最適な資金調達法を選ぶことが重要になってきます。

 

失った信用を取り戻す難しさ

信頼を失って嘆く男性

資金繰りに苦しむシチュエーションは、売掛金の入金日まで待てば改善する一時的な問題が多く見られます。
将来の入金予定や、手続きによる借入で対処できる目処が立っていても、現場へ支障が出る一時的な資金繰り悪化は必ず避けてください。

 

一時的な問題であっても、納期・取引先への入金・従業員への給与など必要な支払いが遅れると信用を失ってしまいます。
一度失った信用を取り戻すのは、新規で事業を起こすよりも難しいと言われていて、迷惑をかけた取引先や従業員からは「過去に問題を起こした会社」といったレッテルを永遠に貼られることになります。

 

また、迷惑をかけた取引先だけではなく、風評被害の発生で会社全体に悪影響が出るケースも珍しくありません。
もちろん経営者や担当者のフォローで、信用が落ちるリスクを最小限に抑えて事業を立て直す事例もありますが、一度失った信用が原因で資金繰り改善後も元の状態に戻れないケースが多いです。

 

経営は取引先・顧客・従業員からの信用で成り立っているので、状況に応じて赤字を計上する手段を取ってでも、誰にも迷惑をかけない形で一時的な資金繰り悪化を乗り切りましょう。

 

資金繰り表の重要性

資金繰り表

資金繰りを良くするための初歩的な対処法として、「資金繰り表」を作成し計画的にお金を回してキャッシュフローをよくする方法があります。
資金繰り表は、将来の入金予定と支出の予定などを表でまとめて管理をするもので、銀行融資を受ける際に作成・提出を求められることが多いです。

 

資金繰りに困らないためにも、銀行融資を受ける時だけ資金繰り表を作るのではなく、常に最新の資金繰り表を手元に用意して計画的な資金繰りと現状の把握を心がけましょう。
特に仕入れや外注費などコストが大きなビジネスや、掛け払いの取引先が多いケースでは資金繰り表で計画的にお金を管理する重要性が高いです。

 

想定外の事態に備えておく

常に資金面の計画性と現状把握をすることが大切ですが、ビジネスをしていると想定外の事態で資金繰り悪化に陥るリスクがあります。
よくある資金繰り悪化事例をご覧ください。

  • 売掛先からの支払いが遅れる
  • 出費、売掛サイクルの長い仕事が立て続けに入ってくる
  • クレームが入った案件を赤字で対処する
  • 元請先から前触れなく依頼が滞る
  • 盗難などの犯罪被害
  • 優秀なスタッフの退職・休職による生産性の低下・新規採用コスト
  • 震災、ウイルス蔓延など市場全体に悪影響が出る事態
  • 強力な競合の出現、トレンドの変化などで想定より売上・利益が落ちる

 

昨今は新型コロナウイルスの影響で、幅広い業種に影響が出て社会問題になりました。
このように、事業経営は事前に予測するのが困難な事態で資金繰りが悪化するケースが多数あります。
突然の資金繰り悪化でもスピーディーに対処できるように、融資や資産売却の算段を立てるなど前もって対処法の手札を複数用意しておくことが大切です。
昨今ではファクタリングがスピーディーに利用が出来ると評判です。

 

ファクタリングは売掛金を速やかに現金化することで、資金繰りの改善に役立つ手法ですが、取り扱う業者の選定には注意が必要です。
窮地に陥り正常な判断力を失っていることに付け込み、不当な契約を押し付けてくるような悪徳ファクタリング会社による詐欺に注意しましょう。

 

経営者に求められること

資金繰りを含めた事業経営に大切なことは以下の4点です。

リスクマネジメント
好調時に生産性とサービス品質を重視する姿勢
資金繰り対策で幅広い手札を持つ
スピーディーで正確な決断力

 

資金繰りの悪化に陥るリスクを少しでも減らせるよう、常にリスクマネジメントを心がけることが重要です。
もっともシンプルな対処法は、手元に多くの現金をストックしておくことですが、出費を抑えた経営をすると様々な弊害が発生します。

 

収益が上がっている状況であれば、サービスの質を高めることに重点を置き、必要に応じて事業規模を拡大させる攻めの姿勢を持ちましょう。
ビジネスには良い時と悪い時の波があるもので、良い時に必要な投資をして顧客の囲い込み・シェアの拡大を狙わないと競合に仕事を取られてしまいます。
事業が好調な時は、現金を手元に沢山残すのではなく、より顧客と従業員の満足度を高める取り組みや、仕事量を増やすための投資を検討してください。

 

そして、万一資金繰りが悪化した際には、融資(借入)をはじめ資金繰りを対処する幅広い手札の中から、状況に応じ最適な資金難の打開策を実行にうつすことが大切です。
このように、顧客や従業員が定着して事業の安定性と成長性を確保できるかは資金繰りの状況で決まります。

 

当サイトでは資金繰りの対処法やリスクマネジメントの方法を幅広く紹介しているので、今現在資金繰りに困っている経営者の方はもちろん、将来の資金繰りに備えたいと思っている方は関連ページをチェックしてみてください。
TOPへ